Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kumagoronikki.blog52.fc2.com/tb.php/7-4ad80f56
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

100人村

今日はYMCAでやってる国際ボランティアの活動の一環で
小野東小学校に開発教育の出前ワークショップに行ってきました!
専門用語(?)を説明しとくと
(※ホントはこんな簡単には語れんものやから信用しないで。)
★「開発教育」:南北問題とか地球規模の問題が、自分たち一人ひとりの問題でもあることに気付いて、できることを考えて、行動につなげる教育
★「ワークショップ」:講義とか一方的な知識伝達のスタイルじゃなくって、参加者が自ら参加・体験して、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びのスタイル
★「ファシリテーター」:グループディスカッションの進行役。YMCAの国際ボランティアでは、ファシリの養成みたいなことも目標にしてる。

「世界がもし100人の村だったら」って聞いたことある?
今日はそれを題材にしたワークで、
小学6年生130人(!)を相手に奮闘してきました。
一人ひとりに役割カードを配って、その役になりきるゲーム。
カードには世界の人口を100人としたときの割合で、
性別:男/女、年齢:子ども/大人/高齢者、
住んでる場所:アジア/アフリカ/欧etc…、とか書かれてる。
今日のメインは、世界の富(所得)の配分によって、
豊かな人/貧しい人/中間層のグループに分かれる場面。

人数分130枚のビスケットを用意してたけど、実際配るのは
豊かな20%の人には108枚
中間層60%の人には20枚
貧しい20%の人にはたったの2枚

分けられたビスケットを目の当たりにして、
それぞれの立場の気持ちを、リアルに体感できるというわけ。

子どもの反応は思った以上に無邪気で素直だった。
あっという間にお菓子の争奪戦。
「豊かなやつらは憎い、戦争してやる」
「貧しいやつらに分けてやるんや、ありがたく思え」

子どもらは、その自分の行為が、世界の現実を
表しているということに、気づいてんのかな。

「ビスケット(=富)がほしい!!」という欲求は否定できない。
「弱い者に気持ちを傾けよう」とかキレイゴトではまとまらない
(学校の先生とかはよくそうしたがるんだけど)。
「世界」を自分に引き寄せてみたときに、
実際いじめられてる子に手を差し伸べれる?

ここで自分のファシリテーターとしての甘さを思い知る。。
そもそもこのワークは「正解がない」のが答えだから、
いったいどこへ話を持っていったらいいんだ!?

子どもらの欲求を爆発させたまんまでいいのか?
結局うちらも子どもらを「修正」して「正解」に導きたいのか?

自分でもよくわかんないまま本番のワークに臨んでしまってたんよね。。

帰りの電車(神鉄空き過ぎ)の中での評価会で、
ファシリっていうのは「導く」んじゃなくて、
参加者の中から「引き出」したり、
参加者自身に「向き合わせる」のが
役目なのかな、というのはわかった気はする。

でもなー。でもなーー。
なんか今もまだすっきりしてないかも。
自分の技量の問題でもあるんだろうし。。。

あと、
子どもたちにとっては「正解がなくてもいいんだよ」
ってことを理解するのがすごく難しいんだと思う。
小6の「世界」なんてすごく狭い。家、クラス、塾くらい?
何かを考えるにしても選択肢はすごく限られてる。
先生にほめられる「正解」さえ言っときゃやり過ごせるし。
「なんかオカシイぞ!?」とか「なんで?」とか
考えるの面倒くさいし考えなくても生きていけるし。
子どもに限ったことじゃないなー。


あー、気づけばなんかわけのわからん長文になってしまった。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kumagoronikki.blog52.fc2.com/tb.php/7-4ad80f56
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

多機能カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。